盛岡タイムス Web News 2011年 10月 7日 (金)

       

■ 「政治と金」その真実は 小沢氏の公判始まる

 小沢一郎元民主党代表の資金管理団体陸山会の土地取引をめぐって政治資金規正法違反(虚偽記入)で強制起訴された小沢氏の公判が6日、東京地裁で始まった。県内各党は今後の行方に関心を寄せている。民主党県連は佐々木順一幹事長が「小沢氏の無罪を確信している」と語り、他党からは小沢氏の説明責任を問う声が改めて挙がっている。

  佐々木幹事長は「6日の法廷内外における小沢元代表の発言は説明責任そのものでありこれ以上の説明責任を果たす手段はないと思う」と責任を果たしたと受け止め「検察審査会のあり方を含め議会制民主主義の根幹に関わる裁判でもあり、公判を注視していきたい」と司法制度への関心を向けている。

  自民党県連の千葉伝幹事長は「政治と金の問題として説明責任を果たしていないことから国民から政治家に厳しい目が向けられている中での裁判。無罪を主張するのであれば、何でこれまで国民に十分な説明責任を果たしてこなかったのか。裁判を通じて審議が明らかにされるもの」と今後の行方を注視する。

  公明党県本部の小野寺好代表は「二度にわたって起訴相当と判断した検察審査会の思いを受けた強制起訴であるならば、今後の証人尋問等においては通常人の感覚・常識を首肯させる真理がなされ、明解な判決が出ることを期待したい」と市民の疑問が明らかになることを望む。

  共産党県委員会の菅原則勝委員長は「全面否認し、直ちに裁判を打ち切るべきなどと主張し、居直り、強弁している態度は驚いた。自信を持って疑惑を否定しているなら、国会の証人喚問に応じるべき。証人喚問に応じないのはこの問題の真実性が疑われても仕方がない」と唱える。

  社民党県連合の伊沢昌弘幹事長は「裁判における判決の内容に関係なくこの問題によって政治と金に関わる国民の政治不信を助長してきた責任は大きい」と指摘。「民主党も国会内における証人喚問、政倫審の場で小沢氏が国民に説明するよう決断すべき」としている。

  地域政党いわての飯沢匡代表は「司法改革が進んでいる今日、強制起訴によるこの公判の意義は重く、行方を冷静に見守りたい。政治と金の問題は国民の政治に対する信頼を失う要因になっており、政治家として国民に説明責任を果たすべき」としている。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします