盛岡タイムス Web News 2011年 11月 6日 (日)

       

■ 〈詩人のポスト〉金野清人 絆


辛いという字に
一本横棒を引くと
幸せという字になる
 
人はとかく
辛いおもいを
じっと我が身に押し込めて
時が解決してくれると思い勝ち
 
だが
黙って待っていても
なかなか解いてはくれない
 
辛いときは
心有る人に
「辛い」、と
打ち明けよう
 
なぜ
この世の中に
たくさんの人がいるかというと
一人っきりでは背負いきれない
たくさんの辛いことが
身の回りにあるのだから
 
辛いときは
素直に
「辛い」、と
もらすと
「大丈夫」、と
こだまが応えてくれる
 
きっと
絆の突っ支い棒が
辛さを半分にして
幸せを呼んでくれる

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします