盛岡タイムス Web News 2011年 11月 10日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉446 平泉世界遺産号

     
   
     
  世界遺産に指定された平泉への観光向け列車が盛岡〜一ノ関に運転されている。快速「平泉世界遺産号」だ。10月に「いわて・平泉文化遺産号」から列車名を変更。車両はKenji3両編成、1号車は指定席、2、3号車は自由席。主に週末の土、日に運転。ダイヤは盛岡9時38分、平泉10時47分、一ノ関10時55分。一ノ関16時03分、平泉16時12分、盛岡17時25分。

  10月2日に友人と一ノ関から盛岡まで乗った。盛岡行きは3号車が先頭なので、3号車の乗車位置で待つ。緑色の車体のKenjiが入線、車内に乗り込む。特急並みのリクライニングシートに感心していた友人を一番前の席へと促す。友人はさらに感動したようだ。Kenjiの両端は高床式の展望席になっている。すいていたのをさいわい一番前の席を確保し、発車までの時間を利用しホームにおりてKenjiを背景に記念撮影。乗車中は前面展望を満喫、対向列車とのすれ違いシーンも見ることができた。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします