盛岡タイムス Web News 2011年 11月 20日 (日)

       

■  〈アートは元気の素〉8 山本容子さんの絵本が好き えいこ・いのうえ

     
   
     
  先日、防災科学技術研究所などの主催でシンポジウムが岩手であったと日経で読んだ。釜石市長さんは「教訓があったはずなのに、なぜ風化してしまったか」と後世に伝える難しさを指摘したとか…。

  今回の絵本は、大好きな山本容子さんです。

  娘の学園祭に上京することになって出かけた帰り、西荻窪の本屋さんで見つけた「犬は神様」。山本ファンなら必携の書ではないでしょうか?かなり容子さんのプライバシーが分かる本です。それがエッチングと一緒なので高揚感がある。

  2010年発売の「アリス」もお正月、銀座三越のギャラリーで原画展をやっていた。画像の絵はがきは、たまたま出かけた埼玉近代美術館のミュージアムショップで売っていたものです。大型絵本の「アリス」はルイスキャロルを容子さんの解釈で刷り上げている楽しい絵本です。

  「つづきの図書館」は、川徳丸善で平積みになっていた時、買って帰ったものでした。絵が山本容子さんで柏葉幸子さんの作なので読んでみます。

  画像のツリーは、モミの木色の厚地の布に洋皿を置いてカットします。その円形を3等分してそれぞれ縫い合わせてパンヤを詰めて、台座も型紙を取り、くるみボタンのように縫い合わせてツリーの形を作ります。あとはデコレーションして完成です。

  このツリーも、これから用意するクリスマスボックスに入れてみたい作品です。
(児童画家)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします