盛岡タイムス Web News 2011年 11月 21日 (月)

       

■ 〈野の花の詩〜深沢紅子油彩画集〉4 高橋繁 「スカーフの女」

     
   
     
 
このスカーフは
 
光と緑の風で 織られているのです
 
かぶると
 
光のように
 
風のように
 
なってしまうんです−。
 
 
揺らぐ 心が
 
なぜか 落ち着きを取り戻し
 
空気が身体のすみずみに
 
溢れるんです−。
 
吐く 息は
 
光と風になっていくのです−。

     ◇     ◇

  深沢紅子野の花美術館(電話625−6541)では、11月から来年1月まで、小中学生の入場が無料です。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします