盛岡タイムス Web News 2012年 1月 1日 (日)

       

■ 〈写真集「南部馬の里」〉36 遠藤広隆 冬の日

     
  photo  
     
  馬房の肥出しの最中、馬は、外で大雪にさらされていた。その中の、人なつっこい性格の1頭が私のほうに近づいてきた。

  サラサラの雪だったが、馬の体温で解けて流れ、しずくが毛を伝ってその先でまた凍りついている。まつげと目の前にたれさがった数本のたてがみに雪は固まり、真っ黒い眼球には周囲の林と、雪の積もった地面の風景が、湾曲して映り込んでいた。

  それはまるで、馬の見ている風景を鏡にして見ている感じだった。

  顔の毛並みは、流れるように渦巻いてきれいだ。手で触ると柔らかそうな馬の顔に見える。

  厳しい冬の寒さだが、馬の表情は温かかった。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします