盛岡タイムス Web News 2012年 1月 14日 (土)

       

■ 〈アートは元気の素〉11 「てぶくろかいに」 えいこ・いのうえ

     
  photo  
     
  年末に、学校の震災記録を冊子にした宮城県の岩沼小中学校の教員の話を記事で読んだ。大震災に備えてのマニュアルとして役立ててほしいと県外へも配布したとありましたが、そのマニュアルが風化しないことを、お願いしたい。

  さて新年は、こたつで丸くなっていた私も1冊の絵本「てぶくろをかいに」をみつけました。カバーには教科書に出てくる本とシールが貼ってあった。いろいろな方が挿絵を描いて共作していますがポプラ社のこの本がいいと思います。

  音読の嫌いな私も子どもに読んであげたことを思い出します。本文を今開いてみると何か疲れた大人の心にしみこんでくるような絵本です。

  また、巽聖歌があとがきを寄せている事も驚きです。作者の新美南吉は30歳にならずに亡くなりましたが、この「てぶくろをかいに」は20歳の時の作品で、「ごんぎつね」は17歳のときにかいたものでしたとありました。なんという夭折(ようせつ)な天才なんだろう。

  温かいお話に暖かい手袋で演出してみました。

(児童画家)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします