盛岡タイムス Web News 2012年 1月 16日 (月)

       

■ どんと祭の炎に息災の願い 盛岡八幡宮

     
  盛岡八幡宮のどんと祭で焼き上がる正月飾りの山  
 
盛岡八幡宮のどんと祭で焼き上がる正月飾りの山
 
  盛岡八幡宮で15日、毎年恒例の「どんと祭」が催された。参拝客らが持ち寄った正月飾りなどが山と積まれ、忌火(いみび)でたき上げられた。境内を訪れた人たちは、今年一年の無病息災と家内安全を祈願した。

  どんと祭は、日本古来の神送りの神事である「みたま送り」に由来。その年の幸福をもたらす「歳神様」がそれぞれの家で正月を過ごしたものを、送り火をたいて見送る風習がルーツにある。

  元来は各家庭で門松や松飾り、しめ縄などをたいていたが、後世には神社に持ち込まれるようになり、正月の神事として定着。炊きあげる火の勢いから「どんと焼き」「どんどん焼き」などの呼び方もある。

  盛岡八幡宮の境内には、持ち寄られた正月飾りや古いお札、お守りなどが高さ4bの山に積まれた。天高く立ち上る炎とともに、参拝客らは歳神様を見送り、今年一年の無病息災と家内安全、社会の平穏を祈願した。

  近所に住む80代の女性は「今年一年を健康に」と祈願。市内在住の小学1年生の女の子も「元気で一年間過ごせますように」と、健康で明るい一年に向けて、思いを新たにしていた。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします