盛岡タイムス Web News 2012年 1月 28日 (土)

       

■ 工事代金を盛岡市から詐取 41歳市職員ら3人を逮捕

 県警捜査2課と機動捜査隊、盛岡東、西署は27日午後5時すぎ、盛岡市天昌寺町の市上下水道局上下水道部下水道整備課主査、大宮幸司容疑者(41)、同市の恵工業社員で同市山岸の佐藤雅俊容疑者(39)、協積産業社員で同市新庄町の中村克志容疑者(44)を詐欺容疑で逮捕した。同市発注の公共工事で虚偽の追加工事をでっちあげて事業費を水増し、盛岡市から工事代金5880万円を詐取した疑い。

 県警の調べによると、2008年4月ころ、盛岡市建設部道路建設課主任だった大宮容疑者は、盛岡市が発注して恵工業が落札した「盛岡駅青山線街路築造その2工事」で、追加工事が必要であるとして事業を起案。虚偽の内容による設計書で950万円分を水増しして事業費の後払い分を5880万円と算定。市から恵工業に支払わせた。

  市から恵工業に金が支払われた際、大宮容疑者は水増し分を含んで受け取るよう佐藤、中村両容疑者に働きかけたという。

  中村容疑者の協積産業は、佐藤容疑者の会社から現場の仕事を請け負っていた。

  金を容疑者らがどのように配分したかや、首謀者の存在、大宮容疑者と金の関わりなどは今後、捜査を進める。

  盛岡駅青山線街路は、同市前九年の国道46号と交差する道路工事。

   ◇  ◇

  警察の捜査員約20人は27日午後7時すぎ、盛岡市役所に捜索に入り、道路管理課などの部屋から関係資料を押収した。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします