盛岡タイムス Web News 2012年 3月 1日 (木)

       

■ 〈風まかせ〉462 楽しみな臨時列車

     
   
     

 SLが走る、トロッコ列車が走る、新しいジョイフルトレインが登場する。楽しみな臨時列車が4月から6月にかけて県内を走る。デゴイチは「イーハトーブいわて物語号」で一ノ関〜北上、「SL銀河ドリーム号」は北上〜釜石を下りは6月2、9、16日、上りは6月3、10、17日運転。釜石線は8年ぶりの運転。

  JR四国からアンパンマントロッコ列車がやってくる。四国からはJR貨物が車両回送を行う。車両の内外にはアンパンマンのキャラクターがあしらわれ、普段は主に瀬戸大橋を運転している。形式はキクハ32、エンジンは持たないが運転台はある。JR東日本管内を走るのは初めてで、団体列車の扱い。県内では4月21日から5月20日にかけて山田線宮古〜茂市などで運転。485系改造「ジパング」は4月1日から週末中心に盛岡〜一ノ関「平泉世界遺産号」で営業運転開始。桜の時期は間合い運用で一ノ関〜北上を「展勝地さくら号」として2往復する。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします