盛岡タイムス Web News 2012年 3月 12日 (月)

       

■ 大震災1年、盛岡で市民が追悼 復興を誓う

     
  「復興の誓い」で歴史文化館前に飾られた市民手作りの灯籠  
  「復興の誓い」で歴史文化館前に飾られた市民手作りの灯籠  
  東日本大震災津波から1年を迎えた11日、各地で追悼行事が開かれた。死者、行方不明者が約6千人に上った本県では、大地震発生時間の午後2時46分、犠牲者へ黙とうをささげると同時に、沿岸被災地や本県復旧復興への決意を県民が共有した。盛岡広域市町村長懇談会(会長・谷藤裕明盛岡市長、構成8市町村)は同日、盛岡市内で「復興の誓い」を開催。市民が参加し市中心部で灯籠に明かりをともした。内陸部から沿岸被災地復興に向け、支援への誓いを新たにした。

  同日は同市内丸の県公会堂で追悼式典や講演会などが行われた。沿岸出身者や避難者はじめ市民約900人が参列。鳩山由紀夫元首相も来賓で出席した。被災地を励ます活動を続けている不来方高校音楽部の合唱「時代」などで開幕した。

  谷藤市長は8首長を代表し「復興への道のりは長く険しいが、失われたまち並み、笑顔、希望を取り戻すため、復興元年の槌(つち)音が少しずつ聞かれ始めている。内陸部の市町村も槌音高く、復興が進むようさまざまな方たちと協力しながら復興を支援するとともに、一日も早い復興が遂げられるよう念願している」と述べた。

  会場では政府主催の追悼式が放映され、出席者が天皇陛下のおことばや野田首相の式辞に耳を傾けた。午後2時46分に黙とうをささげた。市内では同時刻にサイレンが鳴り、市民もそれぞれ犠牲者を弔った。公会堂前には記帳台が設けられ、市民が列を作った。JR盛岡駅にも開設された。

  同市在住の会社員川村玲奈さん(30)、加藤義恵さん(30)の二人は釜石市で津波の犠牲になった先輩を悼み、追悼式典に参列した。4月の火葬に参列することができず、昨年の初盆で先輩の話を頼りに場所を探して墓参したという。

  川村さんは「遺族はもちろん自分も無念。1年経って、あの時のことを思い出すとつらいし、もう2度とないことを願う」と目を閉じた。加藤さんは「やっと親子で暮らせると話していた矢先に亡くなった。遺影を見て本当に亡くなったと思ったが、今も実感が湧かない」と、1年という時間の経過に戸惑っているようだった。

  午後5時からは盛岡城跡公園・もりおか歴史文化館前、中津川河川敷で「祈りの灯火〜共に希望を抱いて」も行われた。これまで制作されてきた牛乳パックを使った約9千個の灯籠、夢灯りが点火され、キャンドルを使った「絆」の文字が浮かび上がった。

  下橋中1、2年生150人を含むボランティア約300人が灯籠の設営や点火に協力した。当日市民が灯籠を持ち込む姿も目立った。会場には大きなリースが飾られ、花をたむける市民もいた。大宮中学校吹奏楽部、松本哲也さん、清心さんらのライブもあった。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします