盛岡タイムス Web News 2012年 3月 29日 (木)

       

■ 〈風まかせ 鉄道さんぽ〉466 36型回送シーン

     
   
     
  今回の写真は三陸鉄道36型がDE10型ディーゼル機関車に引かれて山田線を盛岡から宮古へ回送されていくシーンを後追いで撮影したもの。現在、北リアス線の宮古方で使用の車両の検査をJR東日本盛岡車両センターに委託しており、検査を終えて出場した車両を宮古に回送する。三陸鉄道の車両が盛岡地区で見ることができた珍しい場面だ。

  昨年の東日本大震災津波で被災した三鉄北リアス線は4月1日から陸中野田〜田野畑間で運転を再開する。駅舎も流失した島越を含む小本〜田野畑間はまだ不通だが、鉄路の復旧が進む。宮古〜小本間は4往復から7往復に運転本数が増え、久慈〜田野畑間は9往復、久慈〜陸中野田間1往復、普代から久慈行きが1本の運転になる。

  3月17日のダイヤ改正から全線運転再開したJR八戸線八戸から「リゾートうみねこ」号も田野畑まで4月28日から土、休日に乗り入れ運転を行う。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします