盛岡タイムス Web News 2012年4月 17日 (火)

       

■ 〈あなたへの手紙 詩人のポスト〉 上斗米隆夫 還る(2)

三月の畑から
空に向かう光は
土から放たれて
雲を突き抜ける
白い鳥かも知れない
 
橋から望む大きな川は
海から後じさりして
本流から支流へ
谷から峰へ遡り
やがて 雲になる
流れかも知れない
 
そして
私たちの永い時間は
今ここに在る
暮らしの痕跡を消しながら
劫初にむけて
還っていく
道なのかも知れない
 
そこで
私は少年になり
遠い未来を畏れて
かけがえのないものが
何も失われることのないように
祈り続けているにちがいない



本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします