盛岡タイムス Web News 2012年4月 25日 (水)

       

■ 〈食べられる草木の花版画集〉3 八重樫光行 スミレ

     
   
     
  春の山菜版画集でトロロ菫(スミレ)、茶席の花版画集で立壺菫として掲載した。

  スミレは種類が多く、トロロ菫はおろし金ですって食べる話を書いたが、スミレはどの種も食べられる。茎が立つ種は固さがあるので若いのを利用する。かれんで美しく愛され、親しまれる花を食べる話をすると、妙な顔をして「信じられない」と言うので触れないでいた。

  揚げ物、おひたし、あえ物には花ごと利用する。汁の実、酢の物などによく、砂糖で吹き付け固めるなどしてお菓子に使用すると、すてきなスイーツとなるであろう。

  花を食する習慣がなかったが、これから精進料理などに使用するなど、岩手の風土に合ったグルメとして売り出してはいかがであろう。

  スミレの天ぷらそばなど旅の思い出に花を添える心遣いは喜ばれること請け合いであろう。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします