盛岡タイムス Web News 2012年4月 29日 (日)

       

■ 満開迎え連休全開 青空広がる盛岡

     
  見ごろを迎え多くの観光客らでにぎわった石割桜  
 
見ごろを迎え多くの観光客らでにぎわった石割桜
 
  盛岡の大型連休は晴天の下で迎えた。盛岡地方気象台は28日、盛岡城跡公園の桜が満開になったと発表。国の天然記念物、盛岡地方裁判所前の石割桜も一番の見ごろとなった。陽光を浴びて一段と白さの増した花びら。絶好のタイミングで訪れた多くの観光客や市民を歓迎した。

  全国から訪れた観光客や市民が人垣を作った石割桜周辺。桜の花をバックに写真撮影をするグループや案内板の表記に目を通す人、観光案内の解説に耳を傾ける人などでにぎわいを見せた。人々はさまざまな様子で樹齢約360年を超え、今も成長を続ける石割桜のパワーを感じていた。

  市内に最近引っ越してきたという横山絵里子さん(29)。「たった1本でこんな立派に立っているとは思わなかった。岩手の人がみんな自慢にする理由が分かる」と話す。島根県から観光で訪れた金織正美さん(65)は「本当に石の間から出ていてすごい。昨年東北を旅行しようと思い計画を立てていたが、震災で全てキャンセルになった。今年こそと思って来たが、訪れた価値があった」と満足した様子だった。

  栃木県から来た女性(49)は「以前から知人にぜひ見てほしいと勧められていた。今年は桜がちょっと遅いと聞いていたので不安だったが立派に咲いている。実物は石も大きいし、幹も太い。見られてよかった」と話し、写真を撮影していた。

  石割桜周辺で観光案内をするふるさとガイドのスタッフによると天候次第で連休中は見ごろが続くという。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします