盛岡タイムス Web News 2012年 7月 12日 (木)

       

■ 〈風まかせ〉481「東北新幹線大宮開業30周年記念号」

     
   
     

 6月23日は東北新幹線盛岡〜大宮間の開業記念日。今年で30周年を迎えた。これを記念して「やまびこ235号・東北新幹線大宮開業30周年記念号」が
200系K47編成(10両編成)を使用して運転された。この編成は開業当時の白と緑の塗り分けが施されているので往時の雰囲気が伝わってくる。200系は開業時に登場した形式。現存の200系はリニューアルされているので、細かいことをいうと運転台周りの形状が原型とは異なる。盛岡駅新幹線ホームは見学の人であふれかえって、列車が見えないほどだった。人混みが一段落し、途絶えた一瞬、なんとか先頭部のサイドを撮れた。30th Anniversaryの文字が添えられていた。惜しむらくは237形ビュフェ車が現存しないこと。これがあれば登場時の編成を再現できたのになあ。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします