盛岡タイムス Web News 2012年 8月 27日 (月)

       

■  〈野の花の詩〉37最終回 高橋繁 初夏の花々

     
   
     

 

間違うことなく

夏はやってきた。

冬の寒さで

もつれた身体の節々は痛み

春まで続いた。

ああー

見なさい

この大らかな 夏の風―。

花々も

壷も

思いっきり

生気を漲らせているー。

(おわり)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします