盛岡タイムス Web News 2012年 9月 7日 (金)

       

■ 12路線のうち5路線廃止 盛岡市将来道路網計画 総延長が半分以下に

     
   梨木町西下台町線に名称変更される茅町八幡森線の国道46号交差点周辺。交差点前までが整備区間、それより奥が除外される国道4号に接続する区間  
   梨木町西下台町線に名称変更される茅町八幡森線の国道46号交差点周辺。交差点前までが整備区間、それより奥が除外される国道4号に接続する区間
 

 盛岡市は新たな将来道路網計画に基づき、廃止を含む長期未着手都市計画道路の変更手続きを行っている。来年3月の変更告示に向け、今回対象とした12路線のうち7路線で道路延長を短縮・延伸、5路線を廃止。これにより、路線の総延長15`が7400bと半分以下に短縮される。市は今月から10月にかけ、変更素案の公表と説明会・意見募集などを行う。

  変更、廃止の対象は1938(昭和13)年の計画決定以来、未着手となってきた路線。市は、もりおか交通戦略により完了まで100年かかる整備を、おおむね30年間で道路網形成が実現できるよう見直した。既に盛岡駅南大橋線(盛岡駅南大通線)と明治橋山岸線は変更が決定している。

  廃止路線は▽明治橋東仙北線(区間・仙北1―東仙北1、延長850b)▽梨木町上盛岡駅線(梨木町―本町通3、850b)▽北山名須川町線(北山1―名須川町、640b)▽上盛岡駅北山線(北山1地内、230b)▽上盛岡駅加賀野線(名須川町―加賀野1、1180b)。

  変更路線は▽盛岡駅長田町線▽神明前北井崎線▽内丸神明線▽大沢川原北山線▽茅町八幡森線▽八幡山三馬橋線▽本町新庄線―。

  このうち盛岡駅長田町線(盛岡駅前通―長田町)は2車線区間を150b縮め、延長を1千bに短縮。4車線区間610bはそのまま。神明前北井崎線は中ノ橋通1丁目を起点、終点を加賀野4丁目から若園町までに縮め、延長を1520bから570bに短縮。「中ノ橋通若園町線」に名称変更する。

  内丸神明線は内丸を起点、終点を志家町から神明町に縮め、延長1200bを740bに短縮。「内丸神明町線」に名称変更する。大沢川原北山線は大沢川原1丁目を起点、終点を北山1丁目から本町通2丁目に縮め、延長1550bを820bに短縮。名称は「大沢川原本町通線」に変更される。

  茅町八幡森線は梨木町を起点、終点を国道4号を経由する高松4丁目から国道46号と接する西下台町までと大幅に縮める。これにより延長は2230bから900bとなる。幅員は8bから16bと2倍に拡幅させる。名称も「梨木町西下台町線」に変更となる。

  八幡山三馬橋線は高松神社のある高松2丁目の起点を高松4丁目に、終点を厨川2丁目から同1丁目に、全体的に北へずらす。これにより延長は1880bから2170bに延伸される。幅員も8bから12bに拡幅。名称も「高松厨川線」に変更される。

  本町新庄線は、本町通1丁目を起点、終点を東新庄1丁目から天神町に短縮。延長1720bが1190bに縮まる。車線や幅員に変更はないが、名称は新たに「本町通天神町線」に変わる。

  内容は8月29日の市都市計画審議会(東島末起会長、20人)で事前審議された。社会情勢を踏まえるよう求める声も一部出たが、了承された。



本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします