盛岡タイムス Web News 2012年 9月 9日 (日)

       

■ 〈南部馬の里〉72 遠藤広隆 鈴

     
   
     

 今年の夏は、例年よりも暑い期間が長かった。8月下旬に私は初めて野田村の大葛(おくぞう)牧野に行った。

  大葛牧野は、地形に起伏があまりなく林や薮が多くて見通しの悪い所だった。林の中を丹念に探して行き、馬の足跡を見つけ、その後をつけて行くと林の中に馬を見つけることができた。

  私が行ったせいで馬は林の中から見はらしの良い場所に出てきた。その馬の首には鈴が付けられていた。馬の足跡をつけている時から遠くの方で鈴の音がしていた。見通しの悪い牧野なので鈴を付けておけば牧野の中で探しやすいだろう。

  馬は、猛暑の中で汗を流していた。遠くから鈴の涼しい音がしていたが、馬からすれば首で鈴がなっているとうるさくたまらないだろう。



本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします