盛岡タイムス Web News 2012年 12月 2日 (日)

       

■ 〈南部馬の里〉84 遠藤広隆 ガブッ

     
   
     

 花巻での共進会の時だった。馬が数頭並んでいた。その中の一頭が特に落ち着きのない様子でじっとしていなかった。

  私は、近くにいたその馬を気にしながらも望遠レンズを構え、向こうの状況を狙っていた。

  共進会でたくさんの人と馬が集まっている場で馬は緊張していたのだろう。手綱を持っている飼い主がよそ見をしているとき馬が口を動かしたので、もしやと思い望遠レンズのままでその馬にカメラを向け撮った。シャッターチャンスは少し早かったので、馬が腕にかじり付き始め、人がそれに気付く寸前の場面を捉えることになった。

  この後、この馬は飼い主に手綱でバシバシたたかれることになるのだった。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします