盛岡タイムス Web News 2012年 12月 3日 (月)

       

■ 前・元・新が予定 三つどもえの岩手2区

 日本未来の党前職の畑浩治氏(49)、自民党元職の鈴木俊一氏(59)、共産党新人の久慈茂雄氏(64)がこれまでに立候補を表明している。結成した新党で再選を目指す畑氏、前回失った議席奪還を図る鈴木氏、党勢拡大へ支持を訴える久慈氏と、被災地から復興を訴える3氏が広い選挙区の中で火花を散らす。

  畑氏は、辻立ちや地域での国政報告会で、3年間の実績を訴える。前回同様に主浜了参院議員、菊池長右エ門前衆院議員らが強力にバックアップ。1日は久慈市で総決起大会を開催。公示日は滝沢村鵜飼の事務所前で午前9時15分ころから第一声を行う。

  鈴木氏は、政治生命を懸けた戦いと夫人とともに地域のあいさつ回りに力を入れるほか、地方議員や議員OBらが地域で支持を訴える。1日は滝沢で総決起大会を開催。公示日は滝沢村巣子の事務所で午前8時30分から事務所開き、その後に第一声を行う。

  久慈氏は、比例東北ブロック候補者と連動し、支持拡大を図る。出馬表明から地域を一巡。地域での演説会や街頭から政策を訴える戦いを展開する。2日は久慈市で総決起大会を兼ねた事務所開きを開催。公示日は滝沢村牧野林で午前9時15分から第一声を行う。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします