盛岡タイムス Web News 2012年 12月 25日 (火)

       

■  〈詩人のポスト〉 記憶 上斗米隆夫

 

道端の更地に
ダンプが砕石を撒き
ブルがそれを均している

ここに何があったっけ?
と孫が訊く
何があったっけ?
わたしも問い返す

いつものことだが
景色は
とつぜんなくなり
今の顔になってしまう

孫がいう
ああ ここ田んぼだったよ
そう 田んぼだった
ずっと 田んぼだった

それから
気まぐれに
言葉が景色を連れて来る
田んぼ
北上川
岩手山
中の橋
鉈屋町

その名がなければ
景色は
いつも
更地になって
意識の
底に
沈んで
しまう



本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします