盛岡タイムス Web News 2012年 12月 31日 (月)

       

■  正月を彩るおせち料理 盛岡の料亭 明るい年に願い込め

     
  華やかなおせち料理がずらり。従業員らが仕上げの作業に追われる(大清水多賀)  
  華やかなおせち料理がずらり。従業員らが仕上げの作業に追われる(大清水多賀)
 

 盛岡市内の料亭などでは正月の食卓を彩る、おせち料理の準備がピークを迎えている。同市清水町の大清水多賀(細川昭社長)では30日、従業員とアルバイトの調理師専門学校の学生合わせて約40人が料理を詰め合わせる仕上げの作業に追われた。

  普段は宴会場となっている大広間に重箱がずらり。かっぽう着姿のスタッフがエビや黒豆、伊達巻きなどを華やかに盛り付けた。

  同店のおせち料理は1〜2人用のミニ重(6千円)から豪華な三段重(3万円)まで4種類。デパートなどからの依頼分も含め約1500セットを準備する。三段重には縁起物の金目鯛の錦巻きやウナギの蒲焼きなど50種類もの料理を盛り込む。高齢化で夫婦だけの世帯が増えているせいか、値段も手頃なミニ重が売れ筋という。刺身など生ものも入った「年越し折り詰め」の注文もあり作業は大みそかまで続く。

  森子和宏料理長は「家族で団らんしながら味わってもらえるとうれしい。来年こそ、景気が上向き、明るい年になってほしい」と願っていた。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします