盛岡タイムス Web News 2013年  2月  1日 (金)

       

■  〈わが歳時記〉 高橋爾郎 2月

 もう如月(きさらぎ)2月だ。3日は福豆をまき鬼を払う節分、4日は太陽黄経315度、春の気初めて立つ立春、11日は建国記念の日、18日は雪少なくなり雨多くなる太陽黄経330度の雨水(うすい)。地軸は静かだが確実に回転して「春遠からじ」のイメージだが、連日のように雪が降りマイナス気温の日がつづいている。健康に留意して、北国の長い冬を乗り越えようと思う。

  妻が近くの「サンフレッシュとなん」から小鳥の餌のくず米を買ってきた。1袋1`150円だ。なかなかいい玄米だと思うが、これがくず米という。庭の餌台にたっぷりとまいておく。天気のよい日には30羽以上も雀(スズメ)が集まり喜々としてついばむ。まれに体の大きいヒヨドリがやってきて、雀らを追い払い、わがもの顔に独占するのが憎らしいが、これもわが家の早春の風物詩だ。

    ※    ※

  きょうは東京の大学にいる女の孫がニュージーランドに出発する日だ。もう飛行機の飛び立つ時間である。約半年間の留学という。壁の世界地図を見るとオーストラリア大陸の右下にある二つの島の国だ。飛行機で何時間ぐらいかかるだろうか。時代遅れのぼくなどはちょっと心配だが、本人は明るく張り切っている。いまの若い人たちは世界中を自由に飛び回っている時代だ。孫もいろいろ見聞を広げて帰ってくるだろう。

  孫の行くニュージーランドだから詳しく知りたいと思って若夫婦からインターネットで調べた資料をもらい、ぼくなりに勉強した。ニュージーランドは南西太平洋のオセアニアのポリネシアに位置する立憲君主制国家。島国であり、二つの主要な島と多くの小さな島々からなる。北西のオーストラリア大陸とは2千`、南極大陸とは2600`離れている。イギリス連邦加盟国であり英連邦王国の一国である。女王はエリサベス2世、総督はジェリー・マテパラエ、首相はジョン・キーである。1947年イギリスから独立。首都ウエリントン。北島は火山が多く高原が広い。南島は山地が多く氷河やフィヨルドが発達。羊毛、肉類やバター、チーズの生産が多い世界的な酪農国。面積26・9万平方`。人口約445万人、密度1平方`当たり16・5人とある。

  なにより気候が温暖なようだ。平均気温は2月15・7度、8月8・4度、10月11度、12月14・4度というのが安心だ。治安は悪くはないようだ。孫の留学で、ぼくもいろいろなことを知った。

    ※    ※

  夜、玄関に出て見ると北の方から霧が流れてきた。たちまち、そば立つように押し寄せて、あたり一面、もうもうの霧である。雪女でも出てきそうな幻想的な風景だ。やはり春は近付いているのだろう。

  立春の暁の時計鳴りにけり
                前田 普羅

  春立つと古き言葉の韻(ひびき)よし
                後藤 夜半

  冴えかへるもののひとつに夜の鼻
                加藤 楸邨

  生牡蠣(かき)の咽喉(のど)もとすべる余寒かな
                            鈴木真砂女

  如月の闇の夜頃ぞおもしろき
               嶋田 青峰

      (歌誌編集者)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします