盛岡タイムス Web News 2013年  2月 25日 (月)

       

■  粉雪どっさり 盛岡は銀世界に かいてもすぐ積もり

     
  一晩で降り積もった雪を前に、雪かきに追われる住民(24日午前11時半ころ)  
  一晩で降り積もった雪を前に、雪かきに追われる住民(24日午前11時半ころ)
 

 24日の盛岡は、前日から断続的に降り積もった雪で、一面の銀世界に包まれた。同日は県内全域で雪に見舞われ、沿岸市町村には暴風雪警報も発令された。この雪は寒気を伴った低気圧が東北北部から三陸沖東へ通過した影響で降ったもの。盛岡の市街地では積もった粉雪を前に、雪かきに追われる人の姿があった。

  盛岡地方気象台によると、午後6時の時点で盛岡の24時間降雪量は13a。積雪深は38aで、平年比253%を観測した。県内このほかの観測点では、湯田で積雪深254aを観測。統計を開始した1979年以降の記録を更新した。

  盛岡市鉈屋町で雪かきをしていた石岡新司さん(27)は「朝起きたらすっかり積もっていた。軽い雪だから雪かきは楽だけど、下が凍っているところは滑りそうで怖い」と作業に取り組んでいた。

  近所の美容室で作業を眺めていた田島要子さん(59)は「例年より雪が多く感じる。朝に雪かきをやったが、すぐ積もってしまった。この雪が積もったまま固まるのは怖いし、何より3月のドカ雪が怖い。いったいいつまで降るやら」と話していた。

  雪の影響で、JRの秋田新幹線や在来線の北上線、山田線で運休と遅れが発生した。高速道路も一時、通行止めなどの規制が取られた。東北自動車は一関ICから青森IC間の上下線、八戸自動車道の八戸JCTから安代JCT間の上下線で一時運休となった。空の便では、花巻空港発着の飛行機の一部に遅れが発生した。

  盛岡地方気象台によると、今後は周期的に天気が変わり、冬型の気圧配置が強まると内陸や山沿いで雪が予想されるという。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします