盛岡タイムス Web News 2013年  3月 5日 (火)

       

■  〈あなたへの手紙〉 「ブナ林の中で」照井良平

  
山の
鏡を見ていたら
山の子に
何歳って聞かれたので
何歳に見えるって
オームを返した
そうしたら まだ艶が若いので
40歳位……
……の肌かしらって
張りのある声が返ってきたから
パチクリ目を叩いて
そう そう見える年齢が
わたしの生きた歳の花なんだって
浮き浮き応えた
その瞬間 その子は
ふふんとした顔をしてわたしから離れ
ブナ林に咲いている
白いこぶしの花の方に駆けて行って
今度は笑顔を振り撒きながら
この木若くて
花に艶があるねって
木膚を擦り
わたし22歳の花盛りなのって
花を返された
そこでもう一度鏡を見たら
なるほど
わたしが生きてきた歳の花など
娑婆枯れした花で
ブナ林に映る
みずみずしく跳ねる花は
新芽と大気に真っ直ぐに澄んでいる
だから 山に生きるその子
山の子に手を合わせ
今生の花 千輪を
願った


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします