盛岡タイムス Web News 2013年  3月 24日 (日)

       

■ 盛岡大附 初勝利 選抜高校野球 安田学園にサヨナラ勝ち

     
  試合終了後、応援団の待つアルプススタンドへ駆け出す盛附ナイン  
  試合終了後、応援団の待つアルプススタンドへ駆け出す盛附ナイン
 

 第85回記念選抜高校野球大会(日本高野連など主催)は23日、大会2日目を迎えた。本県から3年ぶり3度目の出場を果たした盛岡大附は、第4試合で初出場の安田学園(東京)と対戦。盛附は望月直也を中心とする打線がつながり、4―3でサヨナラ勝ち。悲願の甲子園初勝利を手にした。(甲子園・佐々木貴大記者)

 盛附は松本裕樹、安田学園は大金真太郎が先発。互いに走者は出すものの要所を締め、無失点で序盤を終える。

  試合が動いたのは4回表。安田学園4番の深見俊介が左翼に本塁打を放ち、2点先制する。

  直後の4回裏、盛附は1死二三塁で豊田祥之が中前打。三浦智聡と松本が生還し、2―2の同点に追いつく。8回裏には望月直也が本塁打を放ち勝ち越し。

  9回表、安田学園は2死三塁から深見の適時二塁打で同点に追い付く。なおも2死二三塁で、盛附は松本から及川豪に継投。及川は小山拓哉を1球で打ち取り、危機を脱した。

  決着は9回裏。盛附は1死一三塁の好機を作る。2番の吉田嵐が放った打球は三遊間へ飛ぶ。三塁走者齋藤塁が本塁へ突入。齋藤は送球をかいくぐって間一髪生還(記録は遊撃への内野安打)。劇的な形で試合終了を迎えた。

  甲子園初勝利をつかんだ盛附ナインは約20時間かけ甲子園へ足を運んだ約500人の応援団とともに、校歌を響かせた。

  盛附の次戦は28日の第3試合(午後2時試合開始予定)。京都翔英と敦賀気比の勝者と対戦する。

 ■関口清治監督
  これまで9回先輩が挑戦し、たくさんの経験を積んだ結果がこの勝利。追いつかれた9回表もなかなか勝てないな、と楽しんだ選手の思いが9回裏の攻撃につながった。今までは甲子園に来るので精いっぱい。今回は甲子園に来るのは当たり前で、勝つことが当然と思えたのが勝因。

  ■三浦智聡主将
  応援に来てくれた多くの人と喜びを分かち合えてよかった。自分たちが甲子園に来たのは初勝利のためではなく最終的に優勝するため。これからも一試合ごとに力を尽くす。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします