盛岡タイムス Web News 2013年  3月 24日 (日)

       

■ 〈南部馬の里〉100 遠藤広隆 昼休み

     
   
     

 共進会と競りのある日は午前が共進会、それが終わると昼休みを挟んで午後から競りがある。

  昼休みは人も馬も昼飯を食べている。人の方はもう食べ終わって時間まで休んでいる。背中に数字が書かれた馬はまだ食べ続けている。馬は一日に数十`の餌を食べると聞いたことがある。それを考えると人よりも食べるのに時間がかかるだろう。

  馬の競りのときは人にとっては祭りのようだ。馬のイベントをみんな楽しんでいる。その辺にシートをしき、その上で少し豪華な弁当を広げてビールを飲んでいたりする。その雰囲気は花見のときの岩手公園のようでもあったが、馬からすると午後は自分が売られるので冷静に餌を食べていた。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします