盛岡タイムス Web News 2013年  4月 10日 (水)

       

■  自民、田中真一氏公認 参院岩手は県連申請候補に 民主、生活、社民が構図の焦点

 夏の参院選岩手選挙区(改選1)で、自民党本部は9日、前慶応大ラグビー部監督の田中真一氏(46)の公認を正式決定し同党県連に伝えた。前復興相の平野達男氏(58)が民主党を離党し無所属での出馬を表明。同氏の支持も検討されたが、最終的に見送られた。今後、候補擁立を検討している民主、生活、社民の3党の判断によって選挙の構図が決まる。

  9日夕方、田中氏の公認が正式決定し、千葉伝県連幹事長は「早急に選挙態勢を構築し県連、党本部一丸となり参院選を勝ち取る」と談話を発表。田中氏は「いろいろと意見がある中、公認いただきうれしい。責任を全身全霊で全うする」とコメントした。

  自民党が水面下で無所属での出馬を打診していた平野氏は3月末になって民主党離党を決断した。平野氏の意向が明らかになったのは、自民党県連が候補者選考に応募した5人から1人を選び公表するとしていた3月30日。同党県連はその日、決まった田中氏を党本部へ公認申請せざるを得なかった。

  同党は過去6回の参院選で敗れている。知名度が高く、実績にも一定の評価がある平野氏との共闘を望む向きもあったが、最終的には党執行部が、県連の上申を尊重する形で決着した。

  盛岡市内の党員の一人は「筋論に収まって良かった。勝ち負けも大事だが、平野さんを支援することになった場合、百パーセント良かったのかという思いもある。選挙戦が迫る中、今後、どうやって戦っていくか。田中さんは知名度もないわけだから」と冷静に受け止めた。

  自民党の公認候補が決定し、今後は民主党や小沢一郎代表が率いる生活の党、社民党の対応が焦点。仮に3党がそれぞれ独自候補を擁立して戦うことになれば、平野氏のほか、既に擁立を決定している共産党、幸福実現党の候補を含め、7人での争いも想定される。自民党が平野氏支持に回らなかった上、民主党も独自候補を擁立して票が割れることになれば、結果的に底固い票を持つ「小沢派を利する」との見方も出ている。

  生活の党は4月中の候補擁立を小沢代表が公言しているが、野党共闘には前向きで、公認候補不在となった民主党との連携についても含みを持たせている。佐々木順一県連幹事長は9日、「野党の責任の一つは対抗勢力として与党勢力と対峙し政権を奪還すること。野党間連携、独自候補擁立の両方の選択肢があるが、相手の出方しだい。柔軟に対応する」と述べた。

  一方、民主党県連の階猛代表は生活の党との連携は「全く考えていない」と否定。連合岩手や県民社協会、岩手友愛会など民主党を支える労働団体は、比例に立候補する組織内候補との連動も念頭に、独自候補擁立を求めている。9日には党本部で既に候補の人選が進んでいるとの情報も一部で流れた。昨年7月の民主党分裂や衆院選での小沢派との全面対決、政治資金問題で法廷で争っている経緯を考えても「生活の党との連携は難しい」との見方が大勢だ。

  党内には、党の方針によらず、無所属に転じた平野氏を応援したいという支持者や議員もいる。県連顧問3人の離党届が幹事長預かりになっており、県連は今後の選挙対応も含めて17日に常任幹事会を開く。

  さらに、県議会では第1会派の民主党と自民クラブが同数で並び、民主党会派から1人でも離脱すれば、議会での主導権を譲らざるを得ない事情も抱えている。県議の一人は「独自候補を擁立するリスクも合わせて考えなければいけない」と話した。

  社民党県連合は4月末までに候補擁立の有無について結論を出す。細川光正幹事長は「主戦論に変わりはないが、他党の一人勝ちを許すべきではないという声があるのも事実。政局を見定めながら候補擁立を粛々と検討している」と話した。

  参院選には共産党新人の菊池幸夫氏(54)、幸福実現党新人の高橋敬子氏(51)も出馬を予定している。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします