盛岡タイムス Web News 2013年  4月 14日 (日)

       

■ 〈ジジからの絵手紙〉34 菅森幸一 決死隊

     
   
     

 誰に吹き込まれたのか「つい先頃まで竹槍を持って、アメリカが来たら刺し違えて死ぬって言ってだくせにダラシネじゃな!」学年でも勉強がトップクラスで日頃から皆に一目置かれていたO君がそう切り出した。彼によると「なんぼ戦争に負げだがらったって大和魂ば忘れではわがねんだおや、アメリカの兵隊さデレデレしてる日本のオナゴは国の恥で絶対許されねんだじぇ」という事だ。

  「鬼畜米英思想」を嫌というほど、たたき込まれていたジジたちが、彼の憂国?の演説に洗脳されるのに時間はかからなかった。昨日まで「ギブミーチョコレート」とジープの後を追いかけていた事などすっかり忘れ「日本を堕落させる奴ら」を退治する作戦に熱中した。

  手初めに「日本の女がデレデレ」している現場を偵察する事になり決死隊が編成された。場所が何処だったかは忘れたが、今まで見た事もない原色のギラギラした情景にすっかり肝をつぶし、完全に圧倒されほうほうの体で逃げ帰って来た。

  以後、この決死隊の事は暗黙の秘密となり、何事もなくジジたちは涼しい顔して再びジープの後を追いかけ回したんだ。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします