盛岡タイムス Web News 2013年  4月 28日 (日)

       

■ 大型連休に満開 石割桜に県内外から多数

     
   
 
見頃を迎えた石割桜
 

 盛岡市内丸の盛岡地方裁判所の敷地内にある国の天然記念物、石割桜が見頃を迎えた。27日は連休初日ということもあり、朝から多くの観光客が薄いピンクの花をつけた桜の周囲を取り囲んだ。日本国内はもとより、海外からの観光客の姿もあった。

  長崎県から来た赤崎昭子さん(68)は「桜前線を追いかけて旅をしている。石を割ったという力強さが感じられ、ほかの桜とは風格が違う。見られて満足です」と語る。

  北海道から訪れた前田強さん(47)は「話に聞く石割桜がどんなものかと見に来た。石も大きく、しかも見事にど真ん中を割って桜が生えている。遠出してきたかいがあった」と話していた。

  八幡平市の遠藤聖奈さん(7)は、家族とともに見物に訪れた。「花が咲いている石割桜を見るのは初めて。きれいな花がいっぱい咲いているところが見られてよかった。家にある桜よりもずっと大きくてすごい」と目を輝かせていた。

  石割桜は今後、気候次第で1週間から10日ほどは見頃が続くという。



本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします