盛岡タイムス Web News 2013年  5月 5日 (日)

       

■ 駅西口に市民の青空拠点 盛岡市多目的広場オープン ダンスなどでこけらおとし

     
  オープニングでにぎわう多目的広場  
 
オープニングでにぎわう多目的広場
 

 盛岡駅西口地区のにぎわい創出に向けて盛岡市が整備した、「盛岡駅西口多目的広場」のこけら落としとなるイベントが4日催された。イベントに合わせて谷藤裕明市長がイベント会場を訪れ、広場でのイベント第1弾の開催を祝うとともに、幅広い利用を市民に呼び掛けた。

  同市盛岡駅西通2丁目に整備された多目的広場は、面積は4110平方bで、広場内にはサークルベンチ3カ所、あずまやベンチ2カ所、ベンチ6カ所、水飲み場1カ所などを設置。通常は公園として使用しながら、イベントを行う際には有料で借りることができる。

  従来は公園のイベント使用に制限があったものの、この多目的広場については、西口ににぎわいをもたらすイベントであれば、可能な限り貸し出すコンセプトとなっている。駅周辺で行われているイベントエリアとしての使用や、フリーマーケット、産直市など一般の人が主催する物販イベントなどへの貸し出しも可能。

  広場内は園路広場、芝生広場、階段広場とエリア分けされており、園路は大型車も通過できるような舗装の仕様となっているほか、食品関連の出店を行う場合の排水溝や給水栓の利便性を確保。広場全体を1日使用した場合は2万円で、エリアや時間でそれぞれ料金が設定されている。市都市整備部市街地整備課の藤原仁巳課長は「気候の良い時期など、幅広いイベントに使ってほしい」と呼び掛けている。

  4日には、イベント使用のこけら落としとなる「コカ・コーラ・ゼロリミットツアー」が催され、EXILEの弟分「GENERATIONS・from・EXILE・TRIBE」のライブが行われた。

  イベントのオープニングには谷藤市長があいさつ。「盛岡を元気にするよう、多くの人たちに利用してもらい、大いに盛り上げてほしい」と呼び掛け、歓声を浴びていた。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします