盛岡タイムス Web News 2013年  5月 26日 (日)

       

■ 27日から太陽光発電稼働 本社社屋に設置 再生可能エネ普及

     
  本社屋上に設置された太陽光発電  
 
本社屋上に設置された太陽光発電
 

 盛岡タイムス・日刊岩手建設工業新聞社(大内豊社長)は、盛岡市本町通3丁目の社屋に太陽光発電を設置し、27日から稼働する。CO2(二酸化炭素)削減に取り組むとともに、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で売電し、自然エネルギーの普及拡大に取り組む。

  カナディアンソーラーの太陽光パネル60枚を取り付け、14・4`hの発電容量で稼働する。

  年間の発電量は1万5254`h、原油換算削減量は3463gで、18g灯油缶に換算すると192本。スギの木約490本のCO2を削減する。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします