盛岡タイムス Web News 2013年  6月  14日 (金)

       

■  〈潮風宅配便〉154 草野悟 AKB48独り占め

     
   
     

 5月の中ごろ、AKB48の主力クラス6人が三鉄を訪問してくれました。若い子に囲まれて至福の顔をしているのはご存じ三鉄望月社長。実におちゃめです。AKBの6人のお嬢さんたちは、三鉄の車両をホースやモップで手洗いをしてくれました。洗ってもらった車両は真っ赤になって照れていました。車内に入り、今度は一人ひとり思いのメッセージを時間をかけて書いてくれました。たった1枚のサインは、震災後、本部として活躍した車両の中に展示しました。

  三鉄宮古駅前に特設ステージを造り、集まった3000人くらいのファンに歌と踊りを披露してくれました。ボルテージは上がりっぱなしです。それぞれにファンがいるらしく、野太い男性の声で「まゆゆちゃーん」と声を張り上げています。とても異次元の世界に飛び込んだような、不思議な世界です。最年少は15歳のHKB48の朝長美桜ちゃん。三鉄の若者の部類に入る前田君が小さな声で「か・わ・い・い」って。

  帰りにごらんのような顔写真ボードを駅のホームにプレゼントしてくれました。折しもAKBの総選挙。望月社長は、一日駅長の辞令交付を行ったせいか、最初は恥ずかしいと言っていたのに、今ではすっかり大ファンです。「○○ちゃんが1位になるといいなあ」と独り言。「それって誰ですか」と聞き直すと、「この娘」と指をさします。

  三陸鉄道はNHKの「あまちゃん」で大人気、ますますブレーク中です。明るい話題が多くなれば、地域も元気になってきます。AKB、まったく知らない世界ですが、とにかく元気な声が一日中、駅前に鳴り響いていました。
(岩手県中核観光コーディネーター)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします