盛岡タイムス Web News 2013年  11月   4日 (月)

       

■ 盛岡市 4人1団体たたえる 市勢振興功労者表彰式

     
   谷藤裕明市長から表彰状を受け取る前盛岡商工会議所会頭の元持勝利さん  
   谷藤裕明市長から表彰状を受け取る前盛岡商工会議所会頭の元持勝利さん
 

 盛岡市市勢振興功労者表彰式は3日、同市愛宕町の市中央公民館で開かれた。歴代市長や市議会議長、議員ら約200人が見守る中、今年度の功労者に決まった4個人と1団体に、谷藤裕明市長が表彰状を手渡した。

  受賞者は前盛岡市公平委員会委員長の大澤三郎さん(87)、市老人クラブ連合会会長の齊藤文三さん(85)、市教育振興推進委員会会長の八巻恒雄さん(74)、前盛岡商工会議所会頭の元持勝利さん(70)、綱取ダムの環境と清流を守る会(冨沢正昭会長)。

  谷藤市長は「各分野での長年にわたる功績とその努力に対し、市民を代表し敬意を表する。今後も市勢発展のため、ご指導とご協力を賜りたい」と式辞を述べ、功績をたたえた。

  受賞者は一人ひとり、長年の歩みを振り返り、喜びと感謝の気持ちを語った。このうち、市教育委員長、教育長も務めた八巻さんは「盛岡には人と人とが関わり合う優れた文化、風土がある。これを守り育てるため、熱心に関わってきた方々の思いを代表していただいた賞。ご高配に感謝し、今後もできることで市の教育の発展に尽くしたい」とあいさつした。

  同功労者は市最高の栄誉。表彰は1955年から始まり59回目を数える。功労者は今回の表彰を含め301人、21団体に上る。
 


 


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします