盛岡タイムス Web News 2013年  11月   12日 (火)

       

■  冬将軍迫る 盛岡で初雪を観測 平年より3日遅く GSやタイヤ店 注文に交換フル回転


     
   初雪も観測され、冬用タイヤ交換で大忙しのタイヤショップ=11日、滝沢村  
   初雪も観測され、冬用タイヤ交換で大忙しのタイヤショップ=11日、滝沢村
 

 盛岡地方気象台は11日、盛岡市内で初雪を観測したと発表した。平年より3日遅く、昨年より7日早い観測。上空に真冬並みの強い寒気が流れ込んだ影響で、気温もあまり上がらず盛岡の日中の最高気温は8・3度と11月下旬並み。区界では2・2度と12月上旬並みとなった。

  本格的な冬の到来が近づき、ガソリンスタンドやタイヤショップは土日に続き、タイヤ交換の駆け込み注文で混雑。滝沢村滝沢のタイヤガーデン盛岡北店も開店と同時にタイヤ交換の客が次々と訪れた。

  県北から盛南地域に向かう買い物客らの来店も多いという同店。盛岡地域に「雪」の予報が出た先週からタイヤ交換の客が増え、10日の日曜日はアルバイトの応援も頼み1日で約100台を交換した。11日も午前中で既に2時間待ちの状態。工場担当の3人がフル回転で作業に当たった。

  「毎年、新聞に雪マークが出ると、どっとタイヤ交換の注文が増える。タイヤを新しくするのなら、やはり早い時期の購入がお得」と話す同店の田中克明常務。

  マイカーのタイヤ交換を急ぐ場合は「事業所などからのまとまった発注が一段落する平日の午後であれば、少しゆとりも」とアドバイスする。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします