盛岡タイムス Web News 2013年  12月  27日 (金)

       

■  〈潮風宅配便〉181 草野悟 今年も終わり、美人熟女子会


     
   
     

 「アベノミクスなんて、なんか変化あった?」
  「なんも、ないない。うちの旦那の給料だって上がってないし」
  「私も…逆に仕事が減ってきた感じ。でもバリバリやるわよ。」
  「アベノミクスより(あまちゃん)がいいよね。でも流行語大賞が四つだなんて馬鹿にしてるよね」
  「ほんと。(あまちゃん)だけでいいのにね。それもアベノミクスかな」
  「あ、ボンボチとネギマ3本ずつと熱かん2本追加ね」
  「へい」

  とまあ、四捨五入すると50になる美人の3人、今年を総括する話題の真っ最中であります。確かにいろいろあった年ですね。焼酎ともっきりをぐいっと空けながら、焼き鳥を食べまくっております。既に40〜50本ほど串がたまっています。後ろの男性が声を掛けたってまったく無視。自分たちの話が優先なのです。この男らしくも優雅でファッションセンス抜群の女性たちが、これからの世の中を引っ張っていくんでしょうね。それに比べ草食男子なんて言われながら、ちびちびと焼酎を薄めて飲むわたくしめ、小さくなって隣でうずくまっております。

  被災地は空前の巨額工事ラッシュ。東京でもゼネコン関係の忘年会の料理が豪華になったとかのニュースが流れていました。「あまちゃん」で歌っていた「地元へ〜帰ろう〜、地元へ〜」がふと頭の中で流れました。「地元へ〜流れろ〜地元へ〜お金が〜」と替え歌です。来年こそは地元が好景気に沸き、被災地の皆さんに幸せがたくさん舞い落ちてきますようにと祈る年の瀬です。

  それにしても「NAITOさん」「HOSHIさん」「ITUKAICHIさん」の3人の美50女子会の皆さんのファッションはすてきです。存分に自分の個性を発揮しています。ダークグレーの背広に超地味のネクタイで下を向いて歩いている男性仲間の皆さん、来年は思いっきり個性を発揮しましょう。良いお年を。
(岩手県中核観光コーディネーター)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします