盛岡タイムス Web News 2014年  1月  4日 (土)

       

■ 好みで選び良い一年を 盛岡レオクラブ カレンダー展示・販売

     
   
 
多くの買い物客でにぎわうカレンダー展
 

 盛岡レオクラブ(鎌田憲武会長)は盛岡市菜園の川徳デパート1階エレベーターホールで5日まで、「2014年世界のカレンダー展」と「カレンダーリサイクル市」を開いている。毎年恒例の展示・販売会で、今年は31回目。売り上げ金はユニセフ協会、ユネスコ協会、東日本大震災被災地の復興支援のために寄付される。

  会場では日本大使館から寄付された外国のカレンダーが見られる。その他、さまざまな絵柄の壁掛け、卓上、手帳など約7千点用意されたカレンダーから好みのものを選び、買うことができる。

  初日の3日は、午前10時の開店とともに多くの買い物客らが会場を訪れた。売り子の会員らに相談しながら欲しいカレンダーを見つけ、まとめ買いをする人も多く見られた。毎年同展を訪れているという男性は「年の初めはいつも来ている。たくさん種類のある中から選べるのがいい」と話し、気に入った商品を買い求めていた。

  同会は学生や社会人の会員が所属し、同市内の5つのライオンズクラブ(LC)が毎年持ち回りで活動を支援している。今年支援を担当する盛岡中津川LCの米澤俊夫会長(54)は「レオクラブの奉仕活動の中でも、カレンダー展はメーンの行事。例年多くの方に来てもらい、近年はそれなりの寄付ができている」と話す。

  鎌田会長(岩手大2年)は「カレンダーを買って良い新年を迎えてもらい、多くの寄付ができればと思う。いろんな方にご協力いただきたい」と話している。

  午前10時から午後7時(最終日は同5時)まで。入場無料。

 

 



   


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします