盛岡タイムス Web News 2014年  1月  18日 (土)

       

■ 出店者と内容決まる 第2回もりゼミ 2月1日から開催 前回から10事業所増加

     
   参加店前に置かれる「知って得するもりおか街なかゼミナール(もりゼミ)」ののぼり  
   参加店前に置かれる「知って得するもりおか街なかゼミナール(もりゼミ)」ののぼり
 

 2月1日から開催の第2回「知って得するもりおか街なかゼミナール(もりゼミ)」(盛岡商工会議所主催)の出店者・内容などが決まった。今回は第1回(昨年6月)に比べ、10事業所多い36事業所が出店し、15ゼミ(講座)多い51ゼミが行われる。

  第1回の文具、寝具、カメラ、化粧品、薬局、美容室、菓子などに加え、靴店、和服、和食店、喫茶、英会話学校なども参加する。

  同ゼミは、盛岡市内を舞台に、市内の個店の店主や店員らが講師となり、市民らに専門知識などを伝授するもの。講師は参加希望の市民を受講者(2人から10人程度)に、少人数ゼミ形式で、プロならではの知識、情報、コツなど伝える。ゼミ会場は各店舗。

  今回は2月1日から28日までの28日間。ゼミは60分から90分程度。参加店では体験なども盛り込み、楽しい講座となるよう工夫している。

  初出店では「靴屋が考える靴選びのポイント」(立花製靴店)、「楽に着る着物講座」(ふじ美苑)、「機屋のコーヒー座談会 美味しいコーヒーを楽しもう」(機屋)、「イタリアンファッションを学ぶ」(スガワラ靴店)、「和食の世界遺産登録について 和食の基本」(美藤)、「カンタン、たのしい、ケシゴムはんこのつくり方(入門編)」(くまがい三ツ割店)、「Uh,Excuse me?」(coco塾盛岡マリオス校)などのゼミを開く。

  今回は、参加店が参加者に対し、ゼミ受講後にクーポン券も配布する。「ウエルカムカムドリンクのサービス」「店内全品5%オフ」「ボディーケア10分間、延長サービス」など。クーポンの有効期限は3月31日まで。

  工藤進作同会議所産業振興部主査は「参加者は無料で、楽しみながら知識が得られる。好きなゼミを選び、参加できる。親子で楽しめるゼミもある。出店者の店の前には、目印ののぼりを立てる。ぜひ参加してほしい」と話している。

  申し込みは各店に直接、電話で行う。出店者のゼミ名、電話番号などが記載されたゼミ案内パンフレットは25日から配布。肴町、大通、盛岡駅前、材木町の各商店街事務所、パルクアベニューカワトク、フェザン、MOSS、クロステラスMORIOKA、ななっくなどに置かれる。問い合せは同会議所(電話624―5880)へ。

 


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします