盛岡タイムス Web News 2014年  3月  4日 (火)

       

■  一般会計は6・2%増の123億円 災害復旧に3億7000万円 14年度紫波町当初予算案 国体関連施設整備も



 紫波町2014年度一般会計当初予算は、総額123億227万円で、前年度当初に比べ7億1747万円、6・2%の増となった。昨年8月9日の集中豪雨災害に係る災害復旧事業、いわて国体施設整備などが増加の要因。14年度末見込みの町債残高は116億2877万円。4特別会計を含めた予算総額は189億1789万円となる。予算案は3日、町議会3月会議に提出された。

  ■歳入

  自主財源は42億6723万円。歳入に占める比率は34・7%で、前年度比3・8%の減となった。うち町税は30億1113万円で同7133万円、2・4%の増。対して依存財源の地方交付税は41億850万円で同1550万円、0・4%の減。町債は10億7840万円で同6610万円、6・5%の増。

  繰入金は3億6474万円。公共施設等整備基金から1億9840万円、町債管理基金から1億円、まちづくり基金から5376万円などを取り崩す。

  ■歳出

  性質別では、義務的経費が45億453万円(構成比36・6%)で同11・3%の増。人件費21億7006万円、扶助費13億2741万円、公債費10億706万円。投資的経費は13億7539万円(同11・2%)。災害復旧事業費は3億7272万円。同豪雨災害により皆増したもので、崩落などの被害を受けた山王海2号線、上松本境1号線の復旧などに充てられる。普通建設費は10億267万円。

  目的別では民生費が32億6657万円。内訳は心身障害者福祉費5億2782万円、保育所費5億7895万円など。農林水産業費は13億1874万円で内訳は、農村整備費5億1736万円、林業振興費1億8340万円など。

  新規事業は、いわて国体自転車競技のロードレース開催に伴うコース、駐車場などの施設整備が1億5243万円、新田跨線人道橋撤去事業実施委託が1億5千万円、シイタケほだ木導入に係る特用林産施設体制整備事業費補助金が8840万円。
 


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします