盛岡タイムス Web News 2014年  5月  27日 (火)

       

■  「会いに行ける」の死角狙う AKB48切りつけ事件 24歳無職男(十和田市)逮捕「誰でもよかった」 負傷の川栄李奈さん、入山杏奈さん退院 

 

     
   
  関係者に伴われ、退院する川栄さん(左)、入山さん  

 25日午後4時54分ころ、滝沢市砂込の県産業文化センターアピオで開催されていた女性アイドルグループ「AKB48」の握手会で刃物を振り回し、メンバーら3人にけがを負わせた事件で、盛岡西署は同4時55分、自称青森県十和田市の無職、梅田悟容疑者(24)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。けがをしたのは川栄李奈(かわえいりな)さん(19)、入山杏奈(いりやまあんな)さん(18)、男性スタッフ(20歳代)。盛岡市の高次救急センターに搬送され、治療を受けて26日午後6時退院した。命に別状はなかった。梅田容疑者は容疑を認めており、取り調べに対し「人を殺そうと思った。誰でもよかった」と供述しているという。

  梅田容疑者は全長50aほどの折り畳み式のこぎりを振り回したという。川栄さんと入山さんは指を骨折したほか、頭部に切り傷を負った。男性スタッフは左手に切り傷を負った。メンバー2人は26日、搬送された岩手医大附属病院で手術を受け、同日中に退院した。

  現場となったアピオでは25日夜から26日の午前中にかけ、実況見分も進められている。調べによると、梅田容疑者の犯行時の服装は上が紺系のウインドブレーカー、下が黒系のウインドブレーカーだった。凶器となった刃物をどのようにして会場に持ち込んだか、自宅からの足取り、凶器の入手経路などは現在も捜査中。26日も午前10時ころから取り調べが再開されており、比較的素直に応じているという。

  県警では27日午後、梅田容疑者の身柄を盛岡地検に送る方針。

  今回の握手会は全国で行うファン向けイベント。主催したキングレコードによると、当日はメンバー47人が参加。来場者数については把握できていないという。会場では制服警備員を含めスタッフ約100人体制で整備にあたっていた。握手会直前は来場者に対し危険物がないか手のひらの確認をしていたが、所持品の検査などが行われていたかは把握していないという。

  被害にあった川栄さんは神奈川県出身。10年7月の第11期研究生オーディションに合格。12年に選抜メンバー入りし、同年には楽曲のセンターポジションも務めていた。

  また、入山さんは千葉県出身。10年3月の第10期研究生オーディションに合格し、11年7月にメンバー昇格。番組の企画で撮影した写真作品が第86回国展写真部入選を果たしたほか、14年には7月公開予定の映画に初出演で主演を務めている。

  同日午後6時30分ころ高次救急センターから関係者に付き添われて姿を現した2人は、集まった報道陣にお辞儀をした。2人とも帽子を目深にかぶり、川栄さんはマスク姿で、けがをした手はタオルで隠されていた。入山さんが「ご迷惑をお掛けしました。もう東京に帰ります」。報道陣のファンに一言という言葉に、川栄さんが「ご心配をお掛けしました。もう大丈夫です」と話した。

  病院の入り口には約100人の報道陣が集まった。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします