盛岡タイムス Web News 2014年  8月  29日 (金)

       

■  手に取って「ハチクラ」 八幡平市商工会 フリーペーパー2号発刊


     
   フリーペーパーやスタンプラリーで八幡平の魅力を発信している八幡平市商工会の菊池光洋さん  
   フリーペーパーやスタンプラリーで八幡平の魅力を発信している八幡平市商工会の菊池光洋さん
 
  八幡平市の八幡平市商工会は、フリーペーパーやスタンプラリーを通して八幡平の魅力を発信している。6月に創刊したフリーぺーパー「ハチクラ―ステキな八幡平の情報発信をする倶楽部」は、八幡平の自然、文化、食、人との交流楽しむためのフリーマガジン。地域に一歩踏み込んだ情報が市内外の人に好評だ。同商工会安代支所情報発信担当の菊池光洋さんは「八幡平の素晴らしい自然とともに、そこに暮らす人たちの魅力も伝えていきたい」と話す。

  「ハチクラ」は、緊急雇用創出事業を活用し6月に創刊。8月中には第2号を発刊し紅葉と温泉を特集。10月、12月、15年2月に合わせて5号まで発行する。

  第1号では安比高原を特集。「スキー=冬」のイメージが強い安比高原の夏の楽しみ方を紹介している。安比高原ブナ二次林での森林浴、地元産の食材を味わう安比高原ペンションのランチなど、安比高原を丸ごと楽しむガイドになっている。

  市内の産直情報や各分野で活躍する八幡平市在住者のインタビューも掲載。巻末連載「ディープスポットを訪ねる」では、同市高畑地区にある日本の滝百選の「不動の滝」と縁結びの木≠ナ知られる桜松神社を紹介している。

  「八幡平市は近隣の秋田県などから訪れる人も多いが、行く場所が八幡平アスピーテラインなどピンポイントで、周辺の情報が少なかった。来てくれた方に、もっと八幡平を楽しんでもらえる内容になったと思う」と菊池さん。

  「ハチクラ」は、八幡平市内の観光施設や道の駅などで配布しているほか、盛岡市内では盛岡駅、プラザおでってで手に入れることができる。無料。

  13年度から取り組んでいるスタンプラリーは、今年度は「ごはん&おやつ編」を制作した。岩手山麓、大更・平舘、八幡平、安比高原、安代の五つのエリアで飲食店とお薦めのメニューを紹介。協賛店でメニューを注文するとパンフレットにスタンプを押すことができ、スタンプの数に応じてプレゼントがもらえる。

  同スタンプラリーのパンフレットも無料で、「ハチクラ」と同じ観光施設などに設置している。

  同商工会が11年から開設しているサイト「もっと知りたい八幡平 WEB知識版」もリニューアルし、市内協賛施設で使えるクーポン券がもらえる「八幡平クイズ」を公開している。アドレスはhttp://www.shokokai.com/hachimantai/。

  菊池さんは「八幡平は、それぞれの地域に違った魅力がある」と話し、フリーペーパーやスタンプラリーを広く活用してほしいと期待している。

  問い合わせは、八幡平市商工会安代支所(電話0195−63−1001)まで。
 


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします