盛岡タイムス Web News 2014年  11月  25日 (火)

       

■  〈詩人のポスト〉 「高原のジャズをあなたに」照井良平



ちょいな
バラスコドンスコ デンスコ
ちょちょいな ちょいの
風に乗って ジャズ オータムジャズだよ
スコドンスケデン
ホレ 紫波高原を 白いドラムを叩いて
スコスコ黄金の里に降りていく

小さな丘の上で
そよそよ そよそよ 赤く
バラがピアノにそよぎ
見あげれば淡いウロコ雲
光る無数の陽が 無数のウロコに撥ね跳ねて
ドーケンポー ドーケン ポーポー
とジャズに可愛く
ホンニ変に跳ねている

その下で 風の子
ピンクのあの娘この娘が
ちょいなチョちょいな 高原のステージで
サワサワ髪をピンクにうねらせ
歌を 笛の 風の笛にピーヒュルル乗せている
オータム オータム
オータムジャズの季節だと

ちょいガッテン
ガッテンだばジャイと
どんぐりの寡黙な森
小鳥と手を組み 高原の緑の 奥の奥で
ジャズ コールズ ミー
コールズ ミー を
初秋の弦に ちょちょいなちょいつま弾き
ジャズ 高原のジャズだばジャイと
空の 空一杯に告げている
平和のスイングを
告げている



本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします