盛岡タイムス Web News 2015年  4月  2日 (木)

       

■  〈相撲瓦版4月場所〉 菅原東広 3月場所を振り返って


 今場所も大変多くの相撲ファンの皆さまに注目されました。熱戦の大阪場所を振り返ってみましょう。

  まず横綱白鵬ですが、やはり場所前に言われたように毎日毎日、本当に対戦相手それぞれに万全な相撲を取っていたように思います。やはり横綱本人は完全優勝を狙っていたのではないでしょうか。まわりで騒がれていることも、自分が相撲で勝つことで全て解決させる、それが力士の世界だと私たちもよく親方たちに言われたものでした。早く昔の横綱のように相撲だけに専念できる白鵬関に戻ってもらいたいです。頑張ってください。誰よりも相撲を愛している横綱と信じています。

  次にもう一人の横綱日馬富士ですが、やはり体調が万全でない状態で、よくここまでと思います。確かに出場する以上は負けられないのが横綱です。でもできればもう少し万全の体調で相撲を取ってもらいたいです。横綱対決など完全に自分のペースでも相撲を取りきれていない、これは本人が一番つらいと思います。来場所こそは体調を万全にして日馬富士復活をファンに見せてください。待っています。

  次に今場所の大関陣ですが全体的に取りこぼしが多いですね。どの大関も上位の同じ力士に負けています。これは研究不足もあるような気がします。強い若手も出てきました。現状のままでは上を目指すのはかなり厳しいと思います。来場所はぜひ下位相手にも息切れのしない相撲が取れるよう頑張ってください。

  次は今場所一番の大躍進、照ノ富士です。本当にすごいの一言です。相手に向かっていく姿勢、相撲センス、自分の相撲になってからの攻めの早さ、どれをとっても完璧ですね。所属する伊勢ヶ濱部屋の環境も良いと思います。兄弟子の安美錦や宝富士のように稽古相手にも事欠かない状態です。白鵬との一番をみても白鵬が完全に相撲負けして完敗の状態です。千秋楽の大関豪栄道もまったく同じ内容の相撲です。本当に力強く来場所以降が楽しみです。ほかの力士では栃煌山、逸ノ城、勢あたりの活躍も楽しみです。

  今場所はけがで休場する力士が多かったです。特に人気力士でひどいけがの遠藤です。あの膝の状態はかなりひどいのではないでしょうか。膝のけがは力士生命にも関わります。きちんと治療して早く完治してもらいたいですね。リハビリも大変でしょうが本当に頑張ってください。安美錦や千代鳳も同様です。早く元気な姿を見せてください。待っています。

  最後に大変うれしいお知らせです。もうご存知の方も多いと思いますが、盛岡出身で伊勢ノ海部屋、幕下二枚目の錦木が今場所5勝2敗の見事な成績で、十両に昇進しました。本当におめでとうございます。錦木はお父さんも相撲を取られていた元力士です。今年に入り体もかなり大きくなり、十分、十両力士らしい体型になってきました。来場所以降の活躍を大いに期待しております。
    (月1回掲載予定)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします