盛岡タイムス Web News 2015年  4月  16日 (木)

       

■  早めの花盛り 盛岡地裁前庭 石割桜 見頃迎える


     
  見頃を迎えた石割桜=15日正午ごろ  
 
見頃を迎えた石割桜=15日正午ごろ
 

 盛岡市内丸の盛岡地方裁判所敷地内にある国の天然記念物、石割桜が見頃を迎えている。15日の盛岡市中心部は昼前に雨が上がり、正午ごろには多くの市民や観光客が訪れて、盛岡のシンボルを見物していた。

  盛岡市内から見物に訪れた熊谷悦夫さん(75)は「普通の桜とは違い、花だけでなく幹や根本も主役になる。まさに盛岡のシンボルで、いつ見ても素晴らしい桜」と語った。

  盛岡ふるさとガイドの会の大矢正典会長(72)によると、例年より1週間から10日ほど早く見頃を迎えているという。「石割桜の魅力は、石を割る力強さときれいな花の対比。台湾からの定期チャーター便もあり、国内外から多くの観光客の方が岩手を訪れるので、ぜひこの花を見てほしい」と話していた。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします