盛岡タイムス Web News 2015年  8月 28日 (金)

       

■  〈潮風宅配便〉265 草野悟 盛岡に三鉄大ファンの店開業


     
   
     

 友人の新聞記者から誘いがありまして、8月23日に盛岡市の八幡通りの中央辺りにあるお店へと出掛けました。お店の名前は「里伊=さい」という和食系のお店です。翌々日の25日からオープンとのことで、この日は前夜祭。友人たちを招いてのプレオープンでした。

  ここまでは普通のオープンなのですが、お店の中は「おや?」なぜか三鉄列車の模型や三鉄サイダー、お店のハンガーは赤青白と三鉄カラーで統一。テーブルは、車いす昇降版「RAMPUP」で使っている気仙杉の集成材がそのまま使われています。オーナーの伊勢央(ちから)さんと奥さんの美里さんに聞きましたら、「ずーと三鉄大ファン」とのこと。お子様にも「里」の文字が付いており、それで家族の名前を組み合わせて「里伊」と名付けたようです。

     
   
     

  お生まれは釜石の鵜住居。甚大な被害を受けたところです。「故郷に三鉄が走ってくれることが夢」と輝く瞳で語ってくれました。盛岡にいながら「内陸と沿岸をつなぐ役目をしていきたい」と夢を抱いています。当然お酒は「三鉄絡み」の浜千鳥がずらーと並びます。その上「三鉄ハイボール」というメニューもあります。ウイスキーを三鉄サイダーで割った粋なお酒で、プレオープンに来られた「八幡ぽんぽこ市」の実行委員会の皆さんも大絶賛です。一緒に働いている三陸町越喜来出身の田村瑞輝さんも一生懸命汗を流して頑張っています。

  アットホームでとても居心地のよい店内。料理は盛岡市内の有名店の料理長を長年続けてきた確かな腕に納得です。プレオープンにご招待された面々は口々に「うまい」「おいしい」を連発しまくりです。地元の食材を大事にし、しかもリーズナブル。大満足の開店前夜祭。心地よい酔い加減で店を後にしました。
(岩手県中核観光コーディネーター) 


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします