盛岡タイムス Web News 2015年  8月 30日 (日)

       

■ 山車の見返し人形 秋まつり近づき盛岡駅に展示

     
  JR盛岡駅の新幹線コンコースに展示されている見返し人形  
   JR盛岡駅の新幹線コンコースに展示されている見返し人形
 


  JR盛岡駅の新幹線コンコースで26日から、9月14〜16日まで盛岡市内で開催される「盛岡の秋まつり山車行事」で使用される実物の見返し人形が展示されている。

  展示は盛岡秋まつりのPRを目的に、盛岡山車推進会、盛岡観光コンベンション協会の協力のもと、毎年行われている。コンコース内に展示されている見返し人形は、2014年の祭りで観光コンベンション協会の山車に使用された「滝夜叉姫(たきやしゃひめ)」。高さは約4・5b。新幹線利用者らが山車人形を見上げ、盛岡に秋の到来を告げる祭りに思いをはせていた。

  このほか、28日からは盛岡秋まつり山車展が南北連絡通路「わんこロード」で開催され、ミニ山車や歴代山車ポスター、装束などを見ることができる。

  同駅の橋剛サービス助役は「盛岡に昔からある祭りなので、県外からの観光者やビジネスで利用される方はもちろん、地元の方にも見てもらいたい。盛岡の昔からの伝統を感じてもらえたら」と話していた。

  展示期間は、見返し人形が9月末ころ、盛岡秋まつり山車展が9月17日まで。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします