盛岡タイムス Web News 2016年  6月 4日 (土)

       

■ 観客の安全いかに 30日に県民会館 初の「避難訓練コンサート」



     
  避難訓練コンサートが行われる県民会館  
  避難訓練コンサートが行われる県民会館
 

 岩手県文化振興事業団(菅野洋樹理事長)は30日午後2時から、盛岡市内丸の県民会館で、初の「避難訓練コンサート」を開く。県警音楽隊が出演し、コンサート中の火災発生を想定し、実際に観客を待避させる。その後は会場に戻って公演を続け、音楽観賞を通じて防災意識を啓発する。

  避難訓練コンサートは東日本大震災後、各県で行われており、本県では初めて。催事中に地震や火災が発生した場合を想定し、観客側に非常時の心構えを求め、主催者側には適切な対応を身に付けてもらおうと企画した。

  会場は2千人収容の同会館大ホールで300人の参加を予定。来場者は▽内容に賛同すること▽実際に避難するため動きやすい服装で▽小学生以下は保護者同伴などの条件で参加する。県民会館のスタッフが避難誘導する。整理券で入場無料。

  県民会館ホール課の杉田友視さんは「非日常的なコンサートの場で、どんなときでも適切に避難できるよう、お客さんとスタッフの危機管理をしっかりする。主催者側、運営する側もどのようにしたらよいか学ぶため参加するよう声を掛けたい」と話している。

  問い合わせは同課(電話6241171)まで。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします