盛岡タイムス Web News 2016年  12月  14日 (水)

       

■  〈もりおかデジカメ散歩〉2503 「田沢湖線開通50周年」藤村文雄


     
   
     

 「田沢湖線開通50周年」藤村文雄、雫石町

  【撮影の狙い】1966年に橋場線と生保内線が結ばれて全通し、線名を田沢湖線に改称し盛岡と大曲(秋田県)を結ぶ交通路として発展し、今年で50周年を迎えました。82年東北新幹線開業により接続特急「たざわ」が運行開始。その後、東京〜秋田を結ぶミニ新幹線が軌間を標準軌に改軌し97年3月に秋田新幹線としてE3系「こまち」による運行を開始。2014年3月から新製E6系「こまち」がジャパン・レッドと呼ばれる赤いボディーカラーで登場。さらなる飛躍が期待されています。50周年記念号として普通列車2両×2編成をラッピング車両として12月下旬まで運転中です。
  (10月22日、田沢湖線葛根田川鉄橋で)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします