盛岡タイムス Web News   2017年  12月  2日 (土)

       

■ 最高規制速度110`に 東北自動車道の花巻南IC−盛岡南IC間 全国2例目の引き上げ モデルケースに 1年間の試行で検証

     
  「110」の数字が点灯した試行区間内の可変式速度規制標識(1日午後、紫波SA内で撮影)  
   「110」の数字が点灯した試行区間内の可変式速度規制標識(1日午後、紫波SA内で撮影)
 


  東北自動車道花巻南インターチェンジ(IC)―盛岡南IC間の上下線で1日午後2時から、最高速度規制が時速100`から110`に試験的に引き上げられた。高速道路の最高速度引き上げは、11月1日に始まった静岡県の新東名高速道路に続いて全国2例目。今後、同日から1年間の試行期間を通じて利用状況が検証され、全国の高規格高速道路で法定最高速度を引き上げる場合のモデルケースとなる。

 1日午後2時ころ、区間内の上下線に設置の可変式速度規制標識の数字が80から110に一斉に切り替わり、引き上げが始まった。県警本部交通部交通規制課によると、試行区間は花巻南IC―盛岡南IC間の上下線約30`のうち約27`。引き上げの試行は実勢速度と法定規制速度の乖離(かいり)を解消することで、ドライバーが納得できる交通規制を目的とする。

  試行で110`となるのは大型トラックなどを除く普通車両で、大型トラックなどの最高速度は従来の時速80`のまま。降雪による道路凍結など天候による速度規制は、従来通り行われる。東北自動車道を管理する東日本高速道路(NEXCO東日本)盛岡管理事務所は、今後も利用状況を見ながら県警本部高速道路交通警察隊などと連携。機会を捉えて継続した周知活動を展開する考え。

  区間内の紫波サービスエリア(SA)で休憩していた盛岡市の前田公成さん(55)は「最高速度引き上げ前と比べて、(他の車両の)速度が大きく変わったとは感じなかった。ただ、最高速度が上がったからといって速度の出し過ぎが危険なことに変わりはない。気を付けなければと思う」と話した。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします